★ホーム |  ★全記事リスト | ★最新記事RSS |  ★最新コメントのRSS |  ★携帯ページ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
 

自転車と車との接触事故を目撃

昨夜ちょっと用事が出来たので、自動車で国道9号線を
松江方面へ走っていると人身事故の瞬間を目の前で目撃。

現場は信号や横断歩道が無く細い路地と交差する場所で、
周囲は薄暗く半径数m以内に街灯などは見当たりませんでした。
(ちなみに某そば屋さんから数十m先の地点)

事故を起こした前の車が近くの路肩に停まったので、
同じく私も近くへ停車させ被害者のもとに急いで駆け寄って
声を掛けてみたり(頭部を強く打っていたようで出血していました)、
近くに居合わせていた目撃者の方が電話で救急車などを呼んだり、
その一方で加害者の方はパニック状態でただ相手に謝りながら
「私が相手を死なせてしまった」など色々言い続けていたので、
私は「意識も取り戻していましたから大丈夫ですよ」と言いながら
冷静になだめるくらいしか出来なかったです。

衝突の際に直撃を免れていたとはいえ、その衝撃が強かったせいか
近くの鉄柵へ飛ばされた自転車の後輪は大きく歪んだ状態だったり。

そうこうしている内に事故現場へ救急車やパトカーが来て、
私を含めその場に居合わせていた方々への事情聴取や
現場検証などを行ったりで、終わるのに1時間くらい掛かりました。

事故の被害を受けた方は自転車を押しながら横断していたらしく、
運転手はそれに気付くのが遅れてしまったとの事ですが、
前車から約40m後方を同じく50km前後で走っていた私でさえ
気付いた時には既に接触する寸前だったため、対向車の発する
ヘッドライトの強い光で対象が見えなくなってしまう蒸発現象が起きた
可能性や、自転車の車輪や被害者の身体などに反射材が見当たらず、
また自転車の移動速度などから考えて、ライトを明るく点灯させる程の
発電量が生じていなかったりと複数の原因があった様に思えます。
(仮にライトが点いていたとしても真横からでは確認しづらい)

なので、誰が一番悪いかと言われると一概に答えが出ません。
そもそも私にその様な権限は持っていませんし。

ただ今回の接触事故で一番ハッキリとしたのは、

『自転車乗りや歩行者が思っているほど
自動車側の運転手からは見えてない場合もある』


という事に尽きます(実際何度かヒヤヒヤした覚えもあります)。

つまり、自動車や周囲に対して目立つ様な反射材などを
自転車(或いは歩行者)が付けていれば回避出来た
筈なのです。
(正確には早期発見により回避率を上げる事が可能であると推測)

私も自転車で行動する事もあり見過ごせない内容だったので、
今回は敢えてこの様な記事を書いてみた訳なんですけども、
やはり自分の身は自分で守る必要があると改めて思い知らされました。

今の私には事故に遭われた方の無事を願うくらいしか出来ませんが、
この事を教訓に私自身を含め、今後この様な事故が起こらないよう
少しでも多くの方々に身の安全を守る術や心構えなどを身に付け、
常日頃から実践して頂きたく今回私が思う次第であります。

特に夜間を無灯火で走っている方々へ私から一言。

「ライトを消すという事は命の灯火を失う事と同義。
命が惜しければ素直にライトを付けるべし!!」


2013/09/23追記:
少しでも身を守るため自転車用ヘルメットを買いました  | 【コメント : 2】
Sponsored Link
 

『私の恋愛身分証明書』というのを試してみた  | ホーム |  歯医者で親知らず抜いてきた(3本目)。

☆同一カテゴリ記事 (環境によっては正常に表示されない場合があります)☆

Comment

[812]
おはようございます。
昨日自分も事故に遭いました。
自転車って車から見えにくいので怖いですよね。
[813]
>タクヤさま

おはようございます。

それは大変なのです。お怪我はありませんでしたか?
夜間は自転車や歩行者の姿が見えにくくなるので、
なるべく目立つ服装などにした方が良いかと思います。

しかしここ最近の自転車ブームで事故が増えてる様な・・・。
もっと国側も対策練れば良いのになぁと思う今日この頃。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

『私の恋愛身分証明書』というのを試してみた  | ホーム |  歯医者で親知らず抜いてきた(3本目)。

ソラリス

HN:ソラリス
★詳細プロフィール
★メールフォーム

PC弄ったり雑談書いたり色々と。

※当サイトは原則リンクフリーとなっておりますが、掲載しているコスプレ写真については本人様以外のお持ち帰りなどはご遠慮下さいませ。
なお、いずれの場合も引用元を記載して頂きますと幸いです。

別館の自転車弄り用ブログも宜しくお願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。