★ホーム |  ★全記事リスト | ★最新記事RSS |  ★最新コメントのRSS |  ★携帯ページ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
 

キースヘッドホンMP3プレーヤーの内蔵バッテリを無理やり交換してみました

約5ヶ月前にプライズ品のキースヘッドホンMP3プレーヤーを
手に入れた
ものの、内蔵バッテリが機能せず長いこと放置気味
だったので、いい加減復活させようと思い立ったわけですよ。

20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_01.jpg20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_02.jpg

まず分解するべくハウジング上部の隙間をマイナスドライバーで押すと
接着されていた爪が外れカバーは開いたものの、こっちはメイン基板と
配線類くらいしか無かったため元通りに戻して反対側を同じ要領で
開けてみたんですが…、

20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_03.jpg20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_04.jpg

中のバッテリを取り出すと思いっきり膨らんでて液漏れしてるわ、
ツンと鼻に付く電解液の匂いが漂うわで完全に死亡確定orz。
しかも定格電圧や容量の記載は無くてメーカーなどの詳細も
不明という罠(おそらく中国製セルだと思われます)。
そして某Pod似の怪しいMP3プレーヤーの件を思い出したところで、

20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_05.jpg20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_06.jpg

壊れたバッテリから充電制御基板だけ外して出力電圧をテスターで
測ったら4.16V(電源スイッチON時は3.89V)だったため、

20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_07.jpg

代わりに余っていたデジカメ用バッテリ(富士フィルムNP-50)に
充電制御基板をハンダ付けして、千切れかけの細い電源ケーブルも
少し太めの物に交換しました。
このリチウムイオンバッテリは定格電圧3.6Vと言っても満充電で
約4.2Vだし、MP3再生機能と内蔵ヘッドホンアンプを動かす程度なら
大電流は生じないと思うので許容範囲に収まるかなぁという目論み。

20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_08.jpg20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_09.jpg

若干大きくなったバッテリはカバー裏側に両面テープで貼り付ける事で
何とかギリギリ収めて、ついでに剥き出しだった配線を熱収縮チューブで
絶縁および補強したのち、カバーを元通りに閉めてハウジング上部の隙間に
瞬間接着剤を流し込んで外れないように固定。

20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_10.jpg20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_11.jpg

一応フル充電に近い状態で交換しましたが、念のためPCのUSB端子に
繋いで一晩ほど再充電したあとケーブルを外してmicroSDカード内の
MP3ファイルを連続再生させたところ、交換前の仕様では約6時間ほど
だったのがバッテリ交換によりなんと約29時間まで伸びました!!

交換したバッテリは公称容量1000mAhで定格容量940mAhなので、
仮に再生時32mA前後で充電時64mA前後の電流値と考えて元々の
バッテリ容量は約200mAhではないかと予想(もしやオーバースペック?)。
なお改造前は約3時間でフル充電だったのが、改造後は単純計算で
約5倍の15時間ほど掛かる事になったものの実用上は問題なし。

20140921_keith_mp3_headphone_battery_replacement_12.jpg

ただPCのUSBポートに繋いで電源オフ/充電モードにすれば青色LEDが
消えて赤色LEDだけ点灯するものの、電池残量表示どころか完了時の
目安も無くて充電状況が把握できないのはちょっと不便だったり。
ぶっちゃけ充電制御が正確かどうかすら怪しいですけどね(汗。

バッテリの耐久性などは使い続けないと分からないため様子見ですが、
作業中に使っても丸1日分くらいは余裕で持ちそうなのと、PC利用時は
USBオーディオ化しつつ充電可能なので、よほど不具合や容量劣化が
進行しない限り電池切れは気にしなくて良さそうです。

最後に言うまでも無くメーカー想定外の改造なので、機器の損傷や
事故などのリスクを考えた上で自己責任にてお願いします。  | 【コメント : 0】
Sponsored Link
 

FC2ブログ存続の危機を感じたので記事や画像データをバックアップしました  | ホーム |  TwitPic閉鎖前に投稿画像をダウンロード(最終的にWebページごと保存)しました

☆同一カテゴリ記事 (環境によっては正常に表示されない場合があります)☆

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2ブログ存続の危機を感じたので記事や画像データをバックアップしました  | ホーム |  TwitPic閉鎖前に投稿画像をダウンロード(最終的にWebページごと保存)しました

ソラリス

HN:ソラリス
★詳細プロフィール
★メールフォーム

PC弄ったり雑談書いたり色々と。

※当サイトは原則リンクフリーとなっておりますが、掲載しているコスプレ写真については本人様以外のお持ち帰りなどはご遠慮下さいませ。
なお、いずれの場合も引用元を記載して頂きますと幸いです。

別館の自転車弄り用ブログも宜しくお願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。