★ホーム |  ★全記事リスト | ★最新記事RSS |  ★最新コメントのRSS |  ★携帯ページ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
 

フィルムカメラ(オリンパスTRIP35)の試し撮りを兼ねて出雲大社周辺まで行ってみた

3日ほど前に修理上がりの古いフィルムカメラ(オリンパスTRIP35)
の試し撮りついでに出雲大社方面へ自転車で行ってたのですよ~。

20140521_olympus_trip35_test_shots_01.jpg

以下は期限切れ業務用フィルム(コニカCENTURIA 100)で撮って、
カメラのキタムラで現像およびフジカラーCD化した写真になります。
なお今回はフィルム縛り撮影を行ったため、カメラ本体だけデジカメ
(LUMIX DMC-FX8)で撮った以外は全てTRIP35実機のみです。

20140521_olympus_trip35_test_shots_02.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_03.jpg

まず出雲市駅へ向かう途中で寄った古志大橋近くにて撮影。

20140521_olympus_trip35_test_shots_04.jpg

土手にある車両進入禁止ゲートの端に寄って撮ってみたところ、
フィルム劣化の影響なのか広範囲にオレンジ色の焼け(被り?)跡が…。

20140521_olympus_trip35_test_shots_05.jpg

その後しばらく自転車を漕いでJR出雲市駅で少し休憩してから、

20140521_olympus_trip35_test_shots_06.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_07.jpg

田んぼや川など長閑な風景を見ながら出雲大社方面へ
ちゃりーこぎこぎ。

20140521_olympus_trip35_test_shots_08.jpg

ご縁の道と書かれた灯篭を横目にただひたすら走っていき、

20140521_olympus_trip35_test_shots_09.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_10.jpg

途中で旧大社駅に寄って駅舎と蒸気機関車D51を撮影したあと、

20140521_olympus_trip35_test_shots_11.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_12.jpg

続いてD51-774号車の運転室周り。無骨なアナログ構造と写真が
妙に雰囲気出てるというか、フィルムに生じた変色効果と相まって
今でも熱気が伝わってきそうです。

20140521_olympus_trip35_test_shots_13.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_14.jpg

そのあと出雲大社前駅にも寄ったのですが、途中でご縁電車
しまねっこ号とすれ違いタイミングを思いっきり逃した代わりに
デハニ50形を撮ったものの、フィルム残数を気にし過ぎたあまり
車内を取り忘れたというオチ(´・ω・`)。

20140521_olympus_trip35_test_shots_15.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_16.jpg

気を取り直して駅舎内に入ると壁や床にステンドグラスの光が
良い具合に当たってました。このとき被写体の距離を見誤って
ピンボケさせちゃったけれど、その場の雰囲気として考えれば
柔らかい感じのほうが合ってそうな気もしたり(という言い訳?)。

20140521_olympus_trip35_test_shots_17.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_18.jpg

出雲大社にある勢溜の鳥居と銅鳥居をくぐっていって、

20140521_olympus_trip35_test_shots_19.jpg

境内を参拝しつつ神楽殿の大注連縄を撮影。
ここでもフィルムが焼けちゃってるけど気にしない~。

20140521_olympus_trip35_test_shots_20.jpg20140521_olympus_trip35_test_shots_21.jpg

最後は稲佐の浜へ行って弁天島と海と空を撮ってみました。
ズームレンズなら夕日を大きく写せたんですが、単焦点なのと
フィルム残数が少なかったので構図をどうしようかギリギリまで
ファインダーを覗きつつ脳内シミュレートしたらこういう感じに。

こうして計36枚分撮ったのですが、薄暗い屋内でストロボも無しに
手動露出で撮ったら殆ど真っ暗になってたり、カメラの癖が分からず
ピント外しまくったりで10枚近くは没に…orz。
まぁセレン電池連動の自動絞りも正常に動いたので良しとします。

ちなみに挙げてる写真はフィルムISO感度(ASA)100、露出オートに
設定して撮ったものですが、劣化している筈の古いフィルムでも
割と綺麗に写ってて良かったですヽ(´▽`)ノ♪
※のちに有効期限が2003年2月という事実を知って驚愕。

とはいえ、期限から11年も過ぎたフィルムは感度特性などが
相当落ちていたはずなので、今度は新品フィルムをカメラに入れて
撮ったらどうなるか気になるところだったり。

しかし自転車で久々に長距離を走ったせいかバテ気味という(汗。

06/07追記:
フラットベッドスキャナでネガをスキャンしたらかなり印象変わりました。  | 【コメント : 0】
Sponsored Link
 

フラットベッドスキャナ(Canon CanoScan 5400F)の分解清掃  | ホーム |  古いフィルムカメラ(オリンパス TRIP35)が修理を終えて帰還

☆同一カテゴリ記事 (環境によっては正常に表示されない場合があります)☆

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

フラットベッドスキャナ(Canon CanoScan 5400F)の分解清掃  | ホーム |  古いフィルムカメラ(オリンパス TRIP35)が修理を終えて帰還

ソラリス

HN:ソラリス
★詳細プロフィール
★メールフォーム

PC弄ったり雑談書いたり色々と。

※当サイトは原則リンクフリーとなっておりますが、掲載しているコスプレ写真については本人様以外のお持ち帰りなどはご遠慮下さいませ。
なお、いずれの場合も引用元を記載して頂きますと幸いです。

別館の自転車弄り用ブログも宜しくお願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。