★ホーム |  ★全記事リスト | ★最新記事RSS |  ★最新コメントのRSS |  ★携帯ページ
 

時計修理屋さんに頼まれてWindows XPからWindows 7へOS環境を移行してみた

長く続いたWindows XPも4月9日にサポート終了という昨今ですが、
度々お世話になっている地元の時計修理屋さんからデスクトップPC
(NEC ValueOne MT600/4A)のOS入れ替えを依頼されたので、
現地にてWindows XPからWindows 7へ移行してみました。
少し前のPC清掃とメンテナンス作業に引き続いて、今回もブログ
掲載などを許可して頂けたアトリエナベ様には本当に感謝です!!

20140330_windows_xp_7_upgrade_01.jpg20140330_windows_xp_7_upgrade_02.jpg

予め楽天で購入してしたWindows 7 Home Premium 32bit SP1 DSP版
紙封筒にライセンスキーとDVDディスクが入ってるだけのシンプル構成で、
レーベル面に「本製品は新規ご購入ハードウェアと共に配布されます」
の文字が残ってたりと在庫処分オーラはビンビン出てますが、通常版より
安価なDSP版が単品で入手可能になった点はありがたいですね~。

実は現行OS(Windows 8.1)ならパッケージ版でも価格は安いんですが、
信頼性および操作性などを考えた結果あえてWindows 7を選択
(自宅PCもWindows 7なので対処しやすいという理由もあったり)。
…などという前置きはこれくらいにして作業に移ります。

20140330_windows_xp_7_upgrade_03.jpg20140330_windows_xp_7_upgrade_04.jpg

まず作業前に万全を期すため、自宅で持て余していたIDE規格HDD
(フォーマット&動作確認済み)をPC筐体へ増設して、BIOS設定画面から
起動順序を[光学ドライブ]→[既存HDD]→[増設HDD]になるよう設定。
この機種はIDEが1系統(2ドライブ分)しか無かったため、一時措置として
絶縁材代わりのエアキャップを敷いて増設HDDを光学ドライブ下に設置。
動作時の発熱は少し気になったものの結果的に大丈夫でした。

20140330_windows_xp_7_upgrade_05.jpg20140330_windows_xp_7_upgrade_06.jpg

続いて、予め別PCでAOMEI BackupperをダウンロードしてCD-Rに焼いた
起動ディスクを対象PCの光学ドライブに入れて再起動させ、増設HDDへ
既存HDDの全パーティションを丸ごとコピー(ディスククローン)します。
コピーが成功したらCD-Rを取り出し電源を落として、誤消去防止のため
増設HDDを取り外してPCを再起動(このときBIOS画面でHDDの起動順序を
再設定しないとOS起動しない事があるので注意)。
ちなみにコピーHDD単体でWindows XPはそのまま起動できました。

※これ以降はWindows管理者権限でログインしつつ、Microsoft公式サイトの
Windows 7 アップグレード徹底ガイドに書いてある内容を参考にしてます。
あと事前にWindows 7 Upgrade Advisorを使い対応状況の確認や不要アプリ
などの削除や整理を行う事をお勧めします(これを忘れて後々苦労しました)。

20140330_windows_xp_7_upgrade_07.jpg

そしたら別途持参したUSB HDDを繋ぎ、Windows転送ツール(XP 32bit用)
をインストールして起動させますが、先に移行前環境のOutlook Expressを
Windows Liveメールにアップグレードする事と、データ移行完了前に
新しい環境のWindows Liveメールを起動しないよう注意(それらを怠ると
メールデータ転送が失敗して手動インポートする羽目にorz)。
なおアドレス帳は自動移行されないため、XP版Windows Liveメールから
エクスポートして別ドライブに保存(メールアカウントやパスワードも
移行されない場合があるので必要に応じてエクスポート)。

20140330_windows_xp_7_upgrade_08.jpg20140330_windows_xp_7_upgrade_09.jpg

XP版の転送ツールで移行用データが作成できたら、Windows7のディスクを
挿入して[Windows 7を新規インストール(カスタム)]を選んでガイダンス
通りにOSをインストール及び何度か再起動。

20140330_windows_xp_7_upgrade_10.jpg20140330_windows_xp_7_upgrade_11.jpg

その後スタートメニューにある[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→
[システムツール]にあるWindows転送ツールを起動して旧OS環境からの
移行データを適用。続いてWindows Liveメールのインストールと起動で
メール送受信データは自動的に取り込まれたため、XP版で別ドライブに
保存したアドレス帳などをインポート。

PC単体のデバイスドライバ類はWindows 7で自動認識したため省略して、
XP環境で利用していたアプリや周辺機器ドライバの再インストールと
各種設定などを様子見ながら行ったり。

20140330_windows_xp_7_upgrade_12.jpg

今回は転送ツールレポートのプログラム一覧を印刷して、お店の人と
相談しながら1つずつ手作業で選定および再インストールを行いましたが、
あまりに数が多すぎたため最初の段階で整理したほうが良かったと後悔。
プリインストールアプリはライセンス絡みや動作不具合が生じる恐れもあり
殆ど全滅で、その他アプリも代替品にしたり思いのほか手間が掛かりました。
しかし全部終わったと見せ掛けて、PC再起動後にパッチの自動更新が
始まって操作不能な状況が長々続くのは勘弁して欲しかったですorz。

20140330_windows_xp_7_upgrade_13.jpg

Windowsの正常動作を確認してから、筐体へ装着した増設HDDの端子側に
OS移行前のバックアップと分かる文字ラベルを封印代わりに貼り付け。
こうする事で普段は増設HDDの電力消費や誤接続などを回避しつつ、
万が一の時はファイル抽出などに利用できるので良いかなと。

20140330_windows_xp_7_upgrade_14.jpg

PC周りを組み直して最終確認したところ問題無さそうだったので、
持参したUSB HDD内の一時保存データを完全消去してようやっと
Windows XPからWindows 7へのOS移行作業は完了。
※撮影のためデフォルトテーマ&アイコン非表示にしてますが、
デスクトップ壁紙などもちゃんと移行出来てましたヽ(´▽`)ノ♪

途中で差し入れのコーヒーやお菓子を頂きつつ、現地作業でHDDコピー
を含め移行作業やら動作検証などで約2日(実質12時間)掛かったものの、
手探りしながら新環境へ何とか移行出来たため正直ホッとしてます。
XPの頃より動作は軽快になったし、これで旧式マシン(CedarMillコア
Pentium4搭載PC)もしばらくは大丈夫そうです。

[OS]Microsoft Windows 7 Home Premium SP1 32bit DSP版 引っ越しソフト付き[単品購入可能]
[OS]Microsoft Windows 7 Home Premium SP1 32bit DSP版 引っ越しソフト付き[単品購入可能]

ちなみに、時期バージョンのWindows 9(仮)が来年4月に出るとかいう
噂もあったりするので、しばらくWindows 7で粘りつつ新OSが出る頃に
PCごと新しく移行するのが無難そうな気もしたり。  | 【コメント : 0】
Sponsored Link
 

ファンタシースターオンライン2が経験値緩和していた事を最近知ったりとか  | ホーム |  自宅のネット回線が復活しましたよー!!

☆同一カテゴリ記事 (環境によっては正常に表示されない場合があります)☆

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ファンタシースターオンライン2が経験値緩和していた事を最近知ったりとか  | ホーム |  自宅のネット回線が復活しましたよー!!

ソラリス

HN:ソラリス
★詳細プロフィール
★メールフォーム

PC弄ったり雑談書いたり色々と。

※当サイトは原則リンクフリーとなっておりますが、掲載しているコスプレ写真については本人様以外のお持ち帰りなどはご遠慮下さいませ。
なお、いずれの場合も引用元を記載して頂きますと幸いです。

別館の自転車弄り用ブログも宜しくお願いします。