★ホーム |  ★全記事リスト | ★最新記事RSS |  ★最新コメントのRSS |  ★携帯ページ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
 

ベースアンプ(Roland CUBE-60 BASS)を分解してみた

前にオークションで入手したジャンクなRoland CUBE-60 BASS
なんですけども、かなり古いせいか外装が結構汚れてたので、
掃除するべくアンプのキャビネットを一通り分解。

20110807_roland_cube60_bass_01.jpg20110807_roland_cube60_bass_02.jpg

スピーカーネットは4つのネジを緩めれば外れます。
しかしまぁ汚いというかネジも錆びまくってるし(;´Д`)。
さすがに約30年前の代物だけはありますね。

続いてスピーカーユニットも外して内部を確認すると…

20110807_roland_cube60_bass_03.jpg

み…見なかった事にしておこう、そうしよう(汗。

とまぁ~湿気た跡とカビらしきものが…iliorzili
キャビネットの歪みと少し鼻に付く臭いがあったから
怪しいとは思ったけど、こりゃ一筋縄じゃ行かなさそう。
ってか、一体どんな環境に晒してたのかと小一時間(ry。

20110807_roland_cube60_bass_04.jpg20110807_roland_cube60_bass_05.jpg

気を取り直して、アンプ回路が入ってるカバーも分解。
留めてあるネジ4本外して上から引っ張り出します。
言うまでも無く感電には気を付けましょう!

20110807_roland_cube60_bass_06.jpg

基板そのものは意外と綺麗だったのがせめてもの救い。
多少クモの巣張ってたりするけどw

20110807_roland_cube60_bass_07.jpg

軽く回路表面を見てみると、電源側の整流回路に付いてる
ブリッジダイオード(M4C31)の足が黒く変色してたので、
ハム音出てたのは恐らくこの周辺が原因っぽい。
ついでに平滑用電解コンデンサも変えた方が良さそう
(その後しばらく通電したところ、コンデンサ性能が回復したのか
ハムノイズは減りましたが、いつまで持つかは今のところ不明)。

部品入手性から考えて、電解コンデンサはともかく、
同型のブリッジダイオードなんて今時手に入るんだろうか?
とか思いつつ、その辺は結構考えどころかもしれない。

20110807_roland_cube60_bass_08.jpg

分解するついでに、ゴム足と取っ手と中のトランス外して
見事なドンガラ状態にしちゃいました♪(∩´∀`)∩ワーイ
これで心置きなく掃除が出来るっw

とはいえ気合入れて掃除しないと(゚д゚)マズーな予感。
まったく┐(´д`)┌ヤレヤレだぜ…。
問題は山積みっぽいけど、これは弄り甲斐ありそうですw

08/10追記:
あまりに汚かったので徹底的に掃除しました。

08/25追記:
ハムノイズはスイッチジャックを修理してから殆ど聞こえなくなったので、
どうやら接触不良が主な原因だった模様。  | 【コメント : 0】
Sponsored Link
 

トラックバックテーマ 第1252回「メールはすぐ返しますか?」  | ホーム |  Roland CUBE-60 BASSをジャンクで入手

☆同一カテゴリ記事 (環境によっては正常に表示されない場合があります)☆

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバックテーマ 第1252回「メールはすぐ返しますか?」  | ホーム |  Roland CUBE-60 BASSをジャンクで入手

ソラリス

HN:ソラリス
★詳細プロフィール
★メールフォーム

PC弄ったり雑談書いたり色々と。

※当サイトは原則リンクフリーとなっておりますが、掲載しているコスプレ写真については本人様以外のお持ち帰りなどはご遠慮下さいませ。
なお、いずれの場合も引用元を記載して頂きますと幸いです。

別館の自転車弄り用ブログも宜しくお願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。