★ホーム |  ★全記事リスト | ★最新記事RSS |  ★最新コメントのRSS |  ★携帯ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google AdSenseに関するプライバシーポリシーを記述した文章を追加しました

Google AdSenseを掲載しているサイト運営者を対象に4月9日(つまり明日)
までにプライバシーポリシーを掲示する必要性が生じたため急遽作成しました

ちなみにInside Adsenseの公式記事およびヘルプセンターを見る限りでは
以下3つの事項をプライバシーポリシーとして記載する必要があるとの事です。
(一部ヘルプセンター記載の文章に変更を加えています)

・Googleは広告配信事業者としてcookieを利用し広告配信している。
・cookieを利用する事でインターネット上のサイトにアクセスした情報を
基にしてユーザーにAdSense広告を配信する事が可能となっている。
・ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー
ポリシーにアクセスする事でcookieオプションを無効にする事が出来る。


以上簡単な説明終わり。

なお、当サイト記載のGoogle AdSenseに関するプライバシーポリシーは以下から。

Google AdSenseに関するプライバシーポリシーについて
http://diarymodoki.blog59.fc2.com/blog-entry-724.html


急ぎ足で作成した文章なので上手く纏まっていないかもしれませんが、
この文章のみテンプレートとして使用&改変して頂いても構いません。
(その際にコメントなどを残して頂けるとありがたいです)

しかしこういった事を調べたり書いたりするのは神経を使うというか
頭が痛くなる作業なんだなぁと改めて実感してしまいました(;´Д`)
スポンサーサイト
 | 【コメント : 1】

Google AdSenseに関するプライバシーポリシーについて

当サイトは広告配信事業者であるGoogleが提供するウェブビーコンや
cookieを利用した広告配信サービスGoogle AdSenseを掲載しております。

Google AdSenseによって発行されるウェブビーコンやcookieを使用する事で、
インターネット上にてご自身のサイト或いはその他のサイトに対してのアクセス情報
などに基づきユーザー様に対して最適な広告配信などを行う事を目的としており、
また、これらの情報には氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれてあらず
一般的に個人を特定する為の技術を有したものではありません。

ユーザー様が当サイト及びその他サイトにアクセスした際にcookieより取得される情報を
Google AdSenseサービスに対し開示したくない場合などは、ユーザー様の判断において
Google Privacy Center(英語)ページより『Opt out』(Googleからのcookieを拒否)又は
ブラウザの設定でcookieを無効化する事により情報の提供を拒否する事も可能です。

但し、cookie自体は様々なインターネットサービスで利用されている技術でもある為、
全て無効にした場合は当サイト及びその他サイトの表示に支障が出る可能性もあります。

この件の詳細などにつきましては、Inside Adsense発表の公式記事および、
Googleプライバシーセンタープライバシーポリシーをご参照頂ければ幸いです。

以上、皆様には大変お手数をお掛けするかと存じますが宜しくお願い致します。  | 【コメント : 2】

アカマイ導入でFC2ブログ高速化&広告追加されるらしいです

FC2総合インフォメーションの記事によると、4月9日から新たに
アカマイの高速コンテンツ配信システムを導入するらしいので、
以下に該当ページからの引用記事を載せておきます。

【ブログ】アカマイの高速コンテンツ配信システム導入と広告表示について
Akamai Technologies社(http://www.akamai.co.jp)の、
世界最大のクラウドコンピューティング基盤と、高度な配信技術によるシステムです。

本コンテンツ配信システムは、すでに多くの大手企業のWEBサイトや、
大規模ポータルサイトの配信基盤として導入されている、
業界随一、実績が豊富な、信頼性の高いコンテンツ配信システムです。

■ 高速コンテンツ配信システムが導入されると・・・
ブログや管理画面などが、従来よりも高速で表示されます。
読み込み時間も短くなり、読者・訪問者もストレスなく閲覧できるようになります


これによってブログの表示速度が向上するらしいのですが、同時に
記事下に広告表示(文章から察するにGoogleまたはOvertureの
コンテンツマッチ系広告だと思います)されるみたいなので、
必要無い方は以下の方法で無効にする事をおすすめ致します。

1.ブログ管理画面にログイン。
2.「環境設定の変更」 ⇒ 「ブログの設定」 の順に開く。
3.高速表示設定(アカマイ利用設定)を「利用しない&広告を表示しない」に変更。
4.更新ボタンを押して設定完了。

これで高速表示は無効になりますが広告は出なくなる筈です。
但し非アクティブ状態(1ヶ月投稿無し)に出る広告とは別なので注意。

というよりも既にGoogleアドセンスを貼り付けている場合は
有効にすると類似広告扱いで規約違反に引っ掛かる可能性も
否定できない
ので無効にせざるを得ないんですけどね(笑。

なので上記に該当している場合などは
高速化機能を無効にした方が良いかもしれません。


追記:
総合インフォメーション記事によると、既にGoogleアドセンスを
載せている場合は広告表示設定をGoogleにすれば問題無いようです。  | 【コメント : 0】

Google Chromeブラウザがいつの間にか正式版になっていた件。

という事で、出始め直後セキュリティー脆弱性の問題があってから
私の中ですっかりその存在を忘れ去られていたGoogle Chromeですが、
気付かない間に正式版になってたようなので再び試してみる事に。

Google Chromeブラウザがいつの間にか正式版になっていた件。の続きを読む »

 | 【コメント : 4】

Google Chromeのセキュリティパッチと修正内容が公開された模様です。

出始め直後にセキュリティ問題が生じてしまったGoogleクロームですが、
今回その脆弱性などに対する修正パッチがリリースされたようです。

ZD Net Japan - 「Google Chrome」のセキュリティパッチ、詳細が明らかに

 Googleは、ブラウザ「Chrome」に対して3日前に提供開始したセキュリティパッチについて沈黙を守っていたが、米国時間9月8日午後、緊急レベルの脆弱性2件と重要度の低い問題数件が修正されたことを、その詳細とともに明らかにした。

 GoogleのChromeプログラムマネージャーMark Larson氏が8日午後、メーリングリストで明らかにしたところによると、緊急レベルのパッチ2件はバッファーオーバーランの脆弱性を改修するもので、この脆弱性を利用されると遠隔地にいる攻撃者によってChromeが動いているコンピュータ上で任意のソフトウェアを実行される恐れがある。1つはSaveAs脆弱性と呼ばれているもので、長いファイル名の扱い方に問題があった。もう1つの脆弱性は、マウスカーソルがリンク上にあるときにステータス領域に表示されるウェブサイトアドレスの扱いに関するもの。


まさかココまで迅速に対処してくるとは思ってもみなかったですねぇ。
やはり業界大手のグーグル側も今回は相当焦っていたのでしょうか?

Google Chromeのセキュリティパッチと修正内容が公開された模様です。の続きを読む »

 | 【コメント : 3】

 | ホーム |  次のページへ>»

ソラリス

HN:ソラリス
★詳細プロフィール
★メールフォーム

PC弄ったり雑談書いたり色々と。

※当サイトは原則リンクフリーとなっておりますが、掲載しているコスプレ写真については本人様以外のお持ち帰りなどはご遠慮下さいませ。
なお、いずれの場合も引用元を記載して頂きますと幸いです。

別館の自転車弄り用ブログも宜しくお願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。